相続税改正で基礎控除額が大幅に変わりました

###Site Name###

相続税が改正されて基礎控除額や税率といったものが変更されました。
どのように変更されたのでしょうか。

改正前ですが、基礎控除額は1000万円に法定相続人の数をかけ、それに5000万円を足して出てきた額が基礎控除額となりました。ところが改正後の基礎控除額は600万円に法定相続人の数を掛け、3000万円を足したものが基礎控除額になりました。

例を挙げますと、例えば法定相続人が妻と子ども2人の合計3人だとします。

改正前ですと1000万円×3+5000万円+となり、8000万円が基礎控除額となりました。
ですが、改正後の計算では600万円×3+3000万円という計算になり、4800万円ということになります。

このように改正前と改正後では基礎控除額が大きく変化しています。

改正前には税金がかからなかった人でも改正後にかかるようになる人が大幅に増えています。
ただし、この計算方法には注意が必要です。
被相続人の財産から夫妻と葬儀費用を引いた金額が基礎控除額に満たない場合には相続税はかかりません。

ですから、もし相続財産が基礎控除額をほんの少し出ている場合には、葬式費用を少し高額して、節税するということも一つの方法といえるでしょう。
この相続税というのは思ったよりも重くのしかかってくるということがあります。また様々な節税方法もありますので、そのあたりは専門家などに相談して支出を少なくするように工夫することもできます。

http://gigazine.net/news/20110406_tyakkari_kintakun/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%AC%E8%AA%8D%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB%E5%8D%94%E4%BC%9A
https://www.facebook.com/endokaikei

いろいろな大府の税理士のココだけの話をしましょう。

目的に応じて金山の税理士に関するご案内です。

今すぐ使える清須の税理士に関してはこちらのサイトをご覧ください。

朝霞の税理士情報を検索しましょう。

税理士の東神奈川に関連した書きかけ項目です。